Office 365 Client Performance Analyzer (OCPA) が SharePoint Online にも対応してますよ


以前、「SharePoint Online のデータセンターの場所と速度」という記事を投稿したところ、かなりのアクセス数でしたので、SharePoint Online のパフォーマンスを気にしている人が多いのかな~と思っていたのですが、関連する素敵なツールを見つけましたので、お知らせします。

ご存知の方も多いと思いますが、Exchange Online のパフォーマンス確認によく利用されていた Office 365 Client Performance Analyzer (OCPA) と呼ばれるツールがあります。今日確認したら、このツールが SharePoint Online にも対応していましたので、さっそく実行してみました。
ちなみに、いつから対応したのか、私もよく知らないので、情報古かったらごめんなさい。

インストールして、ライセンス条項に Accept すると表示されるメニューでおもむろに [Run SharePoint Analyzer] をクリックし、対象となる SharePoint Online の URL (https://<テナント名&gt;.sharepoint.com) を入力して [OK] をクリックして待つだけです。

image

しばらく待つと、確認した結果が表示され、問題があると赤色で表示され、確認すべき内容が記載されるようです (Wifi ルーターで確認したのですが、私の環境はオールグリーンだったので…)。
DNS 周りなど調べにくい項目もバッチリです。

image

image

どうしても [この拠点から/この端末から] 遅いんだよなぁ、という場合に、該当する端末でエンドユーザーに実行してもらえば結果が表示されて CSV 形式で保存してメールで送ってもらうなんてこともできます。これは、Office 365 管理者やパートナーさんには必須なツールではないかと。

さて、お待ちかねのツールの説明やダウンロード先が記載されたページはこちらをどうぞ。

Office 365 Client Performance Analyzer
https://support.office.com/en-us/article/e16b0928-bd38-423b-bd4e-b8402bc106aa

広告