新しいOfficeはこちら!?


ものすごく久しぶりのブログの更新が検索でもなくSharePointでもなくOfficeとは…

さてさて、アメリカ時間の9月22日 (日本時間の9月22日夜) に Office 2016 for Windows のリリースがアナウンスされました。

The new Office is here
https://blogs.office.com/2015/09/22/thenewoffice/

インストールすると、晴れて、あなたのOfficeのバージョンは「16.0.4229.1024」です!やったね!!

image

ちょっと待った!

予定されていたとはいえ、日本ではシルバーウィーク中に…と思っている暇もないのは、Office 365でOfficeを利用している人かと。企業向けの契約でOfficeを利用している方向けに、ちょっと状況の解説を。

Office 365 ProPlus (Office 365 E3/E4含む) ユーザー向け

実は現時点では何も起きません。つまり、Office 2016なOffice 365 ProPlusはインストールされません。
みなさんは、CBB (Current Branch for Business) と呼ばれる、機能更新プログラムがリリースされてから4ヶ月後 (2016年2月) に配信される更新モデルですので、すぐには何も起きないということです。

俺はすぐに使いたいんだぜ~、という素敵な人は、「テナントが先行リリース機能」を有効にしていればOffice 365ポータルからインストールできます (先日までOffice 2016プレビューがインストールできた箇所です)。
Office展開ツールで配信もできますが、ここでは割愛します。

Office 365 Businessユーザー

既にOffice 365ポータルからはOffice 2016なOfficeが配信されています。

Office展開ツールまたはActive Directoryグループ ポリシーを利用してPCが更新用のモジュールを社内のファイル サーバーから取得するように設定をしておらず、Officeの自動更新がオンになっていればOffice 2016なOfficeに一ヶ月後に更新されます。

俺はしばらくOffice 2013なOfficeがいいんだ!という場合には、更新する前にPowerPointなどのOffice プログラムを起動して、[ファイル] タブ、[アカウント] タブをクリックし、[更新オプション] の [更新を無効にする] をクリックします。
image
Office展開ツールまたはActive Directoryグループ ポリシーを利用して更新したり、更新用のモジュールを社内のファイル サーバーから取得するように設定することも可能ですが、ここでは説明を割愛します。

参考) Overview of update branches for Office 365 ProPlus
https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt455210.aspx

とはいえ

互換性も非常に高いようですし、サポート期間なども考えると、早くOffice 2016なOfficeの利用を開始されるのがよろしいかと。
計画はお早めに!

広告