Office Graph とグラフ クエリ言語と REST API と


Office Delve とは

先日より、Office 365 ユーザーに「Office Delve」と呼ばれる、会社の上司や同僚の仕事ぶりから、ユーザー自身が、今、最も関心があると思われる情報を見つけるためのツールが提供されています。

Office Delve とは
https://support.office.com/ja-JP/Article/Office-Delve-%e3%81%a8%e3%81%af-1315665a-c6af-4409-a28d-49f8916878ca?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP

Office Delve と Office Graph

Office Delve は、「Office Graph」と呼ばれるユーザーやドキュメントなどのエンタープライズ オブジェクトに関する関係性や相互作用を含めた情報を蓄積し、提供する仕組みを利用しています。

Office Graph と GQL と REST API

Office Delve を利用せずに Office Graph を利用する方法の一つとして、Office Graph に対して「グラフ クエリ言語 (Graph Query Language; GPL)」を利用して、「SharePoint 検索 REST API」で情報を取得する、という方法があります。

詳細な利用方法は MSDN を参照してもらいたいですが、Office 365 のテナントが利用可能な状態で、以下の URL を Web ブラウザに入力して実行すると、Office Delve にアクセスした際に表示される情報と同じものが XML 形式で表示されます!

http://<テナント名&gt;.sharepoint.com/_api/search/query?querytext=’*’&properties=’GraphQuery:ACTOR(ME\, action\:1020),GraphRankingModel:{“features”\:[{“function”\:”EdgeWeight”}]}’&rankingmodelid=’0c77ded8-c3ef-466d-929d-905670ea1d72′

グラフ クエリ言語 (GQL) を SharePoint Online 検索 REST API で使用して Office Graph にクエリを実行する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/dn783218(v=office.15).aspx

簡単に GQL を試すには

SharePoint 2013 の検索機能の確認にはお世話になっている人も多い「SharePoint 2013 Search Query Tool」の最新版 (v2.2) で、この GQL の実行に対応していますので、是非、最新版を利用してみてください。

SharePoint 2013 Search Query Tool
https://sp2013searchtool.codeplex.com/

image

最後に

Office Graph を利用したアプリケーションとしては、GitHub にサンプル コードもあるので、参考にするといいでしょうね。

Developing Apps against the Office Graph – Part 2
http://blogs.msdn.com/b/richard_dizeregas_blog/archive/2014/09/17/developing-apps-against-the-office-graph-part-2.aspx

広告