Office 365 ProPlus のアップデート


クラウドを活用したビジネス用の最新の Office である Office 365 ProPlus において、最新の Office 展開ツール (Office Deployment Tool) と最新の Office 365 ProPlus のバージョン (15.0.4615.1001) から、ついに、インストール「しない」Office アプリケーションの選択が可能になりました。

New Application Selection feature offered with the May 2014 update of Office 2013 Click-to-Run
http://blogs.technet.com/b/odsupport/archive/2014/05/14/new-application-selection-feature-offered-with-the-may-2014-update-of-office-2013-click-to-run.aspx

Office 365 ProPlus の本来のコンセプト的には利用可能な Office アプリケーションが全て利用できるようにしておこう、ということで Office 365 ProPlus をインストールすると Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Access, Publisher, Outlook, Lync, InfoPath が利用可能になっていますが、「Access は利用してもらいたくない」「Publisher や InfoPath は利用する予定がない」といったケースがあれば、最初からインストールしない (させない) ことの方が嬉しい場合もあるでしょう。

例えば、以下ような設定ファイル (XML ファイル) を利用して展開すれば、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Lync が利用可能な状態で社内のファイル サーバーから Office のインストールが行われます (厳密には、Office 365 ProPlus には Project、Visio、SharePoint Designer は含まれていないので記載不要ですが、念のために記載してあります)。
Office 展開ツールの利用方法に関しては、TechNet の記載を参照ください。

<Configuration>
<Add SourcePath=”\\Server\Path\” OfficeClientEdition=”32″>
  <Product ID=”O365ProPlusRetail”>
   <Language ID=”ja-jp” />
   <ExcludeApp ID=”Access” />
   <ExcludeApp ID=”InfoPath” />
   <ExcludeApp ID=”Groove” />
   <ExcludeApp ID=”OneNote” />
   <ExcludeApp ID=”Publisher” />
   <ExcludeApp ID=”SharePointDesigner” />
   <ExcludeApp ID=”Project” />
   <ExcludeApp ID=”Visio” />
  </Product>
</Add>
<Updates Enabled=”TRUE” UpdatePath=”\\Server\Path\” />
<Display Level=”None” AcceptEULA=”TRUE” />
<Logging Name=”OfficeSetup.txt” Path=”%temp%” />
</Configuration>

インストール後のアプリ ビューはこのような感じになります。

image

2014/5/21 更新 : 機能の説明が記載されたページの Note 部分に記載のある通り、インストールしない Office アプリケーションを選択してインストールした後に、[コントロール パネル] の [プログラムのアンインストールまたは変更] から Office 365 ProPlus の [変更] を選択して、下記の画面のように [オンライン修復] を選択して修復を行うと、結果として全ての Office アプリケーションがインストールされます。きっと期待されている結果ではないと思いますので、[クイック修復] の選択 (こちらは全ての Office アプリケーションがインストールされることはありません) を行ったり、ODT を利用しての再インストールを行ってください。

image

Office 365 ProPlus の最近と近い将来のアップデート

以下の記事には、上記の機能を含めた Office 365 ProPlus に関する最近と近い将来のアップデートに関する情報が記載されています。

The Garage Series for Office 365: Updates to Office 365 ProPlus for admins and first look at upcoming shared computer support
http://blogs.office.com/2014/05/14/the-garage-series-for-office-365-updates-to-office-365-proplus-for-admins-and-first-look-at-upcoming-shared-computer-support/

簡単にまとめると、以下の通りです。

  • 2014 年 2 月 : 自動更新機能の拡張
  • 2014 年 4 月 : Active Directory グループ ポリシーによる Office 365 ProPlus のインストール場所や更新期日の指定が可能に
  • 2014 年 5 月 : Office アプリケーションの非選択
  • 2014 年後半 : リモート デスクトップ サービス (RDS) および共有 PC への対応

上記のブログにも記載されていますが、新しい Office (Office 2013) では、ボリューム ライセンスで提供される Office Professional Plus 2013 と Office Standard 2013 以外の全てにおいて Offie 365 ProPlus で採用しているクイック実行 (Click-to-Run) を利用した Office です。実は、最近、みなさんが電器店で購入された Office 搭載の Windows 8.1 パソコンでも同様です。
そう考えると、今後は、クイック実行および Office 365 ProPlus が主流になってくるので、機能追加が行われていくことは嬉しいですよね。

広告