iPhone や iPad の写真を OneDrive for Business にアップロードする


本投稿のタイトルだけを見て、「おっ!」と思った人はスルドイです。そもそも、iPhone の写真アプリでは、共有先には AirDrop、iCloud、Twitter、Facebook などしか選択できません。マジデスカ!?

image

OneDrive にはカメラのバックアップ機能がついているのですが、OneDrive for Business には無いので、OneDrive にバックアップした画像を OneDrive アプリで開いて、OneDrive for Business にアップロードするという手間が掛かります。

なんとかしたい! ということで、H.Suzuki Software Lab で開発されてる、有償 (執筆時点で 200 円) ですが大変便利なアプリ「Fine Camera」の出番です。

Fine Camera
https://itunes.apple.com/jp/app/preview-your-app/id789052175?mt=8

Fine Camera はカメラ機能としても優秀で、シャッターを押す前の 4 枚、押した時の1枚、押した後の 4 枚の合計 9 枚の連写ができます。シャッターを押した時点で「時すでに遅し」でも、しっかり撮れてます。
最新の V1.20 からクラウド連携が強化されており、このアプリの写真画面から OneDrive for Business や OneDrive へ保存が可能です。

以下に簡単に手順を確認してみましょう。

  1. Fine Camera のカメラ ロールを開き (普通は Fine Camera で写真を撮ったらボタンを押すだけです)、写真を選択します
    image
  2. 画面下のアイコンをクリックします
    image
  3. [OneDrive for Business で開く] を選択しますimage
  4. 画面下の [OneDrive for Business へのアップロード] をタップします
     image
  5. [OK] ボタンをタップします
    image
  6. OneDirve for Business アプリが開いているので、画像がアップロードされていることを確認します
    image

複数枚同時にアップロードしたい、ということは残念ながら出来ませんが、これまで手も足も出なかったことを考えれば、有難いです。
同じように、このアプリで OneDrive へのアップロードも出来ますので、その際にも利用してみては如何でしょうか。

広告