iOS 用のアプリ SkyDrive Pro for business 1.1 がリリースされました


SharePoint Server 2013 および Office 365 (SharePoint Online) をビジネス用オンライン ストレージとして利用するための SkyDrive Pro を iOS (iPhone および iPad) から利用するための SkyDrive Pro アプリ、その最新版が先日リリースされました。

SkyDrive Pro for business for iPhone, iPad, and iPod touch on the iTunes App Store
https://itunes.apple.com/ja/app/skydrive-pro-for-office-365/id655772279

静かにリリースされているようですが、”What’s New” には以下のように記載されており、意外と嬉しい更新です。適用必至でしょう。

– Integration with the Office Mobile app and Office Web Apps for editing Word, Excel, and PowerPoint documents.
– Integration with the OneNote app for viewing and editing notebooks.
– Bug fixes

Word、Excel および PowerPoint のドキュメントをタップし、参照できるのはこれまでと変わりません。右上の imageボタンをタップするとメニューが表示されますので、[編集] ボタンをタップすると、iPhone の場合には Office Mobile を起動しようとし、iPad の場合には Safari ブラウザ上で Office Web Apps 機能による編集画面に遷移します (iOS 用の Office Mobile は原稿執筆時点で日本では未提供のため、実際には編集できません)。

imageIMG_2512

OneNote のドキュメントの場合には、右上の imageボタンをタップし、[編集] ボタンをタップすると OneNote アプリが起動し、該当するノートブックが開きますので、セクションを選択して編集が可能です。

imageimageimageIMG_2513

その他に、以前のバージョンでは出来なかったと筆者は思っているのですが、SkyDrive など SkyDrive Pro 以外のアプリで開いたドキュメントを [別のアプリで開く] – [SkyDrive Pro で開く] を選択することで、SkyDrive Pro 上のルート フォルダに保存が可能になっています (フォルダを選択したいなぁ)。下記のスクリーンショットは、SkyDrive 上の PowerPoint ファイルを開き、SkyDrive Pro 上に保存しているところです。

imageimageimageIMG_2511

iOS 用を含めた SkyDrive Pro に関しては、こちらの投稿を参照してください。今回の内容に併せて更新してあります。

広告