Office Web ビューアーで「どこでもオフィス」


いきなりですが質問です。Microsoft Office で作成した Office 文書を Microsoft Office がインストールされていないパソコンで見るには?



いくつか正解がありますが、わかりやすいのはビューアーをインストールすることです。

但し、これではビューアーのインストールをお願いしなくてはいけないですし、タブレット端末などビューアーがない人は参照できません。

ということで、「Office Web ビューアー」!
まずは、このリンクにアクセスしてみてください。SharePoint Server 2013 自習書の「新機能評価ガイド」が参照できた人、おめでとうございます!! あなたは、既に Office Web ビューアーを使っています。元の Word 文書はこちらです。

image

Office Web ビューアーの使い方は簡単です。但し、対象のファイルはインターネット上に認証無しでアクセス可能である必要があるので注意してください。

  1. http://office.microsoft.com/ にアクセス (言語設定が日本語だとうまく表示できないので、右上で [United States – English] に変更するか、現時点なら http://office.microsoft.com/en-us/web-apps/view-office-documents-online-FX102727753.aspx に直接アクセスしてください)
    image
  2. [Enter the URL to the online document] に URL (今回は「http://download.microsoft.com/download/A/D/2/AD2BD0F4-701E-456C-A7DE-240FBB7F5D6F/SharePoint_Server_2013_Installation_Configuration_Guide.docx」) を入力し、[Create URL] ボタンをクリック
    image
  3. [Copy to clipboard] リンクをクリックし、Web ブラウザがクリップボードへのアクセス許可を求めてきたら、[アクセスを許可する] をクリック
    image
  4. クリップボードにコピーした URL をメール、Web ページ、Twitter や facebook に張り付けて完了!

URL の生成方法もとっても単純で、次のようになるので、このサイトを利用しなくても URL を生成するブックマートレットを作成したり、自動化してシステムに組み込めばオッケーです。

http://view.officeapps.live.com/op/view.aspx?src=<エンコードされた URL>

セミナーで使ったプレゼンテーションの公開や、ニュース リリースの公開など、自社のサイトで公開している Office 文書が存在するなら今でしょ!

詳しくは、以下を参照してください。

Office Web ビューアー: Office ドキュメントをブラウザで表示する – Office IT 担当者向けブログ – Site Home – TechNet Blogs
http://blogs.technet.com/b/office_jp/archive/2013/05/09/office-web-office.aspx

広告