スクラップするんだ、しぇあぽ!


いきなりですが、Microsoft OneNote というアプリケーションを知っていますか? 「ノート作成ソフトウェア」と銘打たれていますが、何時でも、何処でも、何でもノートしてしまえるスクラップブックです。個人的には、Microsoft Office 製品の中で上位に入る程に利用しているアプリケーションです。Web サイトで有益な情報を見つけた際に、その内容と URL を素早く貯め込んで、後で検索するなんて使い方はお手の物です。

Microsoft OneNote | ノート作成ソフトウェア – Office.com
http://office.microsoft.com/ja-jp/onenote/

直前のエントリーで SharePoint Server 2013 のチーム サイトを使う方法を記載しましたが、実は SharePoint Server 2013 のチーム サイトでは、最初から「チーム サイトのためのノート」が利用できるようになっています。これだけでは ??? ですので、順に説明します。

1. OneNote Web App

Microsoft OneNote は、通常、Microsoft Office クライアントに含まれているアプリケーションですので、Windows 8 などのパソコンなどにインストールして利用します。

この Microsoft Office クライアントと対になる形で「Office Web Apps」と呼ばれる機能があり、これは Web ブラウザで Microsoft Office ファイルを表示したり、編集するためのものであり、Microsoft OneNote に対応するものとして「OneNote Web App」があります。

Office Web Apps | Office をオンラインで共有 | ブラウザー ベース | Office – Office.com
http://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps/

2. SharePoint Server 2013 + Office Web Apps 2013

SharePoint Server に詳しい人であればわかると思いますが、SharePoint Server 2013 は Office Web Apps 2013 と連携することが可能になっており、これによって SharePoint Server 2013 上の Office 文書を、パソコン、Windows Phone、iOS や Android の Web ブラウザで (Microsoft Office クライアントがインストールされていなくても) 表示や編集が可能です。

無論、SharePoint Server 2013 上の OneNote ファイルも Web ブラウザで表示や編集が可能です。

SharePoint 2013 で Office Web Apps を使用する
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee855124.aspx

3. チーム サイト + OneNote Web App

直前のエントリーで作成した SharePoint Server 2013 のチーム サイトを見ると、画面左側に「ノートブック」と記載されたリンクがあります。

image

[ノートブック] のリンクをクリックすると、OneNote Web App を利用した空の OneNote ファイルの編集画面が表示されます。

image

後は、ここにスクラップしていけば、Word や PowerPoint のように [保存] ボタンを押すことなく、リアルタイムに更新されたノートブックが SharePoint Server 2013 上のチーム サイトに保存されます。

このノートブックは、作成したチーム サイトのアクセス権限が継承されていますので、チーム サイトにアクセスできるメンバー (全社員、部署のメンバーやバーチャル プロジェクトのメンバー) 内で適切に共有することが可能です。

OneNote Web App の基本的な作業
http://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps-help/HA102843655.aspx

4. チーム サイト + Microsoft OneNote

Microsoft OneNote アプリケーション (2010 以降) を利用することで、SharePoint Server 2013 上のチーム サイトに保存されているノートブックをクライアントにインストール済みの Microft OneNote アプリケーションから開き、編集して、自動で同期を取ることが可能です。

チーム サイト上の [ノートブック] のリンクをクリックし、OneNote Web App を利用した OneNote ファイルの編集画面で、[ファイル] メニューをクリックします。

image

[OneNote で開く] ボタンをクリックします。

image

Web ブラウザのダイアログが表示された場合には、[許可] ボタンをクリックします。

image

クライアントの Microsoft OneNote アプリケーションが開きますので、OneNote のあらゆる機能を利用してスクラップしてください。変更すれば、随時、自動で同期が取られますし、Microsoft OneNote アプリケーションでオフライン時にこのノートブックを編集した場合には、オンライン時に同期が取られます。

image

これで、OneNote を通して、何時でも、何処でも、どんな情報でもチーム サイトのメンバー間で情報の共有が可能なことが理解されたはずです。バーチャル プロジェクト チームの議事録やアイデア ノートなど利用用途はより取り見取りです。スクラップするんだ、しぇあぽ!!

広告