ガートナーの Magic Quadrant for Enterprise Search が公開されました


ガートナーからエンタープライズサーチに関するマジック・クアドラント「Magic Quadrant for Enterprise Search」の最新版がリリースされ、CMSWire の記事によると、Microsoft は SharePoint で Google および Oracle と共に「リーダー」に位置付けられているとのことです。
ガートナーの定義によると、リーダーとは『現在優れた業績を挙げており、将来性も非常に高く、市場の将来の方向性を決定付けるに足る優れた才能、能力、リソースを有していることを示します。』とのことです。

SharePoint は、製品がブラックボックスではないので検索結果が得られた理由がはっきりわかり、その管理性が評価されている、とのことです。

こういった外部機関による評価を確認し、その中の製品やサービスから現状や将来性を考えた上で選定するといった視点も重要でしょう。

ガートナーからの「Magic Quadrant for Enterprise Search」資料の入手 (有償) は、以下のリンク先からになります。

Magic Quadrant for Enterprise Search
http://www.gartner.com/id=2451915

広告