Windows Server 2012 と Hyper-V 3.0 とエンタープライズサーチ


いきなりですが、Windows Server 2012 が RTM (Release To Manufacturing) となったことが伝えられています。

Windows Server 2012 released to manufacturing!
http://blogs.technet.com/b/windowsserver/archive/2012/08/01/windows-server-2012-released-to-manufacturing.aspx

エンタープライズサーチ FAST Search Server 2010 for SharePoint (FS4SP) に直接は関係ないかなと思われているでしょうが、そうでもありません。特に仮想化を検討されているあなたです。
Windows Server 2012 の売りでもある仮想化機能 Hyper-V 3.0 の新機能の一つに「Hyper-V ゲストに対する仮想プロセッサ数が最大 4 から 64 に増えた」点があり、これが仮想化環境上で FS4SP を構築する際には非常に有効になります。

Windows Server 2012 製品候補版: サーバー仮想化
https://www.microsoft.com/ja-jp/server-cloud/windows-server/2012-server-virtualization.aspx

ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1206/14/news02.html

以下に『they were restricted to maximum four CPU cores in XS3』のような形で記載さえている通り、4 仮想プロセッサまでしか割り当てられない場合には検索時のパフォーマンスに影響が出たり、構成台数が若干多くなりがちでしたが、このネックが無くなりますので、多少なりとも向上が図れそうです (ディスク IO ネックになりやすいので、その点の考慮も同時に必要ですし、テスト環境での検証をお勧めします)。

Test results: Extra-small scenario (FAST Search Server 2010 for SharePoint)
http://technet.microsoft.com/en-us/library/gg512814#TestResults

広告