カンマ区切りの文字列を複数値として認識させる


エンタープライズサーチ FAST Search Server 2010 for SharePoint (FS4SP) で、カンマ区切りの複数個の文字列 (例:data1,data2,data3) を取得し、あるクロール プロパティに投入する際に、FS4SP に適切に複数値を認識させるための拡張パイプライン機能のサンプルが Mikael さんのブログで紹介されています。

http://techmikael.blogspot.no/2012/06/how-to-get-individual-items-from.html
Tech and me: How-to: Get individual items from a delimited field using FS4SP

BCS や FAST Search JDBC Connector でデータベースからデータを取得し、絞り込みに利用したい場合などに適用可能です。

技術的には、複数値を認識させるためのセパレータに Unicode U+2029 を利用すればいい、ということになりますので、カンマ文字を置換しているだけの簡単なアプリケーションとなっています。

広告