書籍「Working with Microsoft® FAST™ Search Server 2010 for SharePoint®」に関して (1)


今月頭にエンタープライズサーチ FAST Search Server 2010 for SharePoint (FS4SP) の書籍「Working with Microsoft® FAST™ Search Server 2010 for SharePoint®」が販売開始になりました (英語)。

Working with Microsoft® FAST™ Search Server 2010 for SharePoint® – O’Reilly Media
http://shop.oreilly.com/product/0790145334527.do

製品の機能的な説明は元より、以下のような実用的な実装がサンプル コード付きで解説されています (括弧内は該当サンプルのあるセクション名です)。

  • SharePoint 2010 の検索機能から FS4SP への短時間の業務停止による移行 (Upgrading from SharePoint Search to FS4SP)
  • 重複文書判定機能の拡張 (Improving the Built-in Duplicate Removal Feature)
  • FQL の利用が可能な「主要な検索結果 Web パーツ」の作成 (Creating an FQL-Enabled Core Results Web Part)
  • クエリ候補として入力した検索キーワードで検索した結果を表示する (Display Actual Results Instead of Sugggestions)
  • 部署の情報に応じて検索結果の並びを変更する (Promoting Items for Coworkers by Using an FQL-Enabled Web Part)
  • ビジュアルおすすめコンテンツを利用して商品のランディング ページへ推移させる (Using Visual Best Bets to Redirect to a Landing Page)
  • エンタープライズ キーワード機能を利用して、SharePoint サイトに検索結果を埋め込む (Adding Relevant Documents to a Page by Using Enterprise Keywords)
  • 高マージンな商品を検索結果のより上位に表示する (Promoting High-Margin Products)

以下には、上記の中の一つである「クエリ候補として入力した検索キーワードで検索した結果を表示する」のサンプル コードを利用した例です。「マニュ」まで入力した時点で、「”マニュ*” で検索した結果」がタイトルとアイコンの形で表示されています。選択すると、対象のタイトルが検索キーワードになりますので、検索結果画面で該当ドキュメントをすぐにダウンロードおよび参照可能です。

image

英語ですので若干ハードルが高いかもしれませんが、FS4SP の標準機能には満足されていない方、もっと色々と利用してみたい方には非常にお勧めの書籍です。Ebook (PDF や ePub 形式) を購入すると、より使いやすいかもしれません。

広告