フォルダ-アクセス権マップ Ver4.0


共有フォルダのアクセス権を調査する無償ツールとして有名な「フォルダ-アクセス権マップ」の最新版である Ver4.0 が出ています。
このバージョンで Visio (Visio 2007 Professional, Visio Professional 2010 (32ビット版), Visio Premium 2010 (32ビット版)) があれば、フォルダ-アクセス権マップの情報を取得した後にフォルダを指定しての権限の指定が可能です。

エンタープライズサーチ製品 FAST Search Server 2010 for SharePoint (FS4SP) でファイル サーバーを検索出来るようにすることを検討されるお客様には、「そういえば、これまで権限とか考えていなかったので、あんなフォルダー内のドキュメントが検索出来ちゃうと困るな」と言われるケースがありますが、そういう方は、このツールで変更されては如何でしょうか。

以前のバージョンの内容ですが、ITpro にてスクリーンショット付きで解説されていましたので、併せてご紹介しておきます。

共有フォルダのアクセス権を調査する「フォルダーアクセス権マップ」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20081209/321018/

このツールでは、あくまで対象は「フォルダー」なので、「ドキュメント」単位で更新したいような場合には、他のツールや Windows PowerShell コマンドレットの Get-Acl, Set-Acl を利用することになります。
また、このツールはマイクロソフトが提供しているものではありませんので、ダウンロード時に「ソフトウェア使用許諾契約書」などはよくご確認ください。

広告