サイト内検索アナリティクス


Web マガジンの MrkeZine さんによるイベント「eMetrics: Marketing Optimization Summit」のレポートが紹介されていましたので、まずはリンク先を参照してください。

UX(ユーザーエクスペリエンス)と解析をつなげる「サイト内検索アナリティクス」
http://markezine.jp/article/detail/15397

UX (ユーザー エクスペリエンス) とサイト内検索アナリティクス (SSA = Site Search Analytics) とが重要で相互補完できるという内容ですが、UX では検索結果画面 (SERP = SEarch Results Page) での絞り込みを行うための情報提供が、サイト内検索アナリティクスでは検索に関する情報を取得して検索自身の改善だけでなく、検索対象となっているコンテンツの注力する分野や公開タイミングにまで言及できることを示しています。

大学の事例で、「1時間かけてトップ50の人気検索キーワードをコンテンツタイプとマッピングするだけで、今後強化すべきコンテンツタイプを優先付けできるようになった」というのは非常に興味深いですし、少しの労力でどこでも出来ることじゃないでしょうか。

ちなみに、いくつか紹介されていた事例ですが、Financial Times はマイクロソフトのエンタープライズサーチ製品 FAST の公開事例になっていますので、併せてご紹介しておきます。

Financial Times

http://www.microsoft.com/casestudies/FAST-ESP/Financial-Times/World-s-Leading-Business-Web-Site-Uses-FAST-Search-Technology-to-Boost-Traffic-and-Improve-Quality/4000004303

広告